■■■■■■■

ひまわり歯科 診療内容

虫歯の治療

歯周病の治療

予防歯科

ホワイトニング

審美歯科

小児歯科

インプラント

入れ歯

訪問歯科

料金表

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

虫歯について

「虫歯」はミュータンスと呼ばれる細菌が産生する酸によって歯が溶け、穴があく病気です。子どもの頃、「甘いものばかり食べていると虫歯になるよ」とよく言われたりしますが、これは虫歯菌が糖を餌として酸を作り出すことで歯を溶かし始めるからです。
これが虫歯のはじまりです。


菌が糖を餌として酸を作り出すことで歯を溶かし始めるからです。これが虫歯のはじまりです。


虫歯の程度は、「最初期=C0」「初期=C1」「中期=C2」「後期=C3」「末期=C4」の段階があり状態によって治療法も変わってきます。


◆ 虫歯の最初期「C0」

穴があく前の最も初期の虫歯です。
虫歯は表面の最もかたいエナメル質ではなく、内部のやわらかい象牙質から歯を溶かしていくため、溝の部分に茶色の着色がみられることがあります。 この状態で虫歯を発見すると、削ることなく治療を終える事ができます。


◆ 虫歯の初期「C1」

歯の一番表層にあたるエナメル質が虫歯になっている状態です。
歯の表面のザラつきや茶色又は黒色の変色がみられます。
この段階では、ごく初期のため、虫歯になった部分だけを削り、詰め物を詰めるだけの簡単な治療で済み、痛みもほとんどありません。


◆ 虫歯の中期「C2」

エナメル質表層下にある象牙質に虫歯が進行してしまった状態です。
この状態になると冷たいものや甘いものなどが歯にしみたり、食べ物を噛んだ時に痛みを伴う場合があります。治療はC1と同様に虫歯になった部分を全て取り除き、詰め物を詰めるだけの処置を行いますが、虫歯によって削った歯質が多い場合は、全体を覆うかぶせ物になる場合もあります。

◆ 虫歯の後期「C3」

C3は、象牙質の奥にある歯髄という歯の神経にまで虫歯が達した状態です。
歯髄に炎症が起こり、温かいものがしみるようになり、ズキズキと激しい痛みや咬合痛がみられます。ここまで進行すると歯の神経、根の治療(根管治療)が必要になります。虫歯に侵された部分と神経部分(歯髄)をていねいに全て取り除いた後、お薬を詰めます。

◆ 虫歯の末期「C4」

虫歯が最も進行した状態です。
虫歯が歯冠部をほとんど溶かしてしまい、歯の根の部分だけが残っている状態です。 C3の時のような歯髄の炎症による痛みは、歯髄が完全に死んでしまうため痛みを感じなくなりますが、放置していると歯の状態はどんどん悪化していきます。
歯質がある程度残り歯根の長さが十分ある場合は、出来るだけ歯を残す努力をしますが、治療が非常に困難で歯を抜歯しなければいけないことも少なくありません。

少しでも痛み、違和感を感じたら、お早めに当院へご来院ください。
ご自身の大切な歯を守るため、進行が進んでしまう前に治療を行うことが大切です。


深い虫歯の詰め物、かぶせもの
料金 ジルコニア 9万円~/1本(税込)
オールセラミック 6万円~/1本(税込)
ハイブリッド 4万円~/1本(税込)
メタルボンド 9万円~/1本(税込)
20K 5万円~/1本(税込)

ドックスベストセメント(Doc's Best Cement)による虫歯治療

虫歯をほとんど削らずに治す方法も行っております。

ドックスベストセメントは、虫歯治療に特殊な銅セメントを用いて治療を行います。


銅の殺菌力により、神経をとるような症例でも、麻酔を使わず神経を残すことができる画期的な治療法です。


<治療の流れ>

  1. 虫歯部分を次亜塩素酸水で除菌後、歯のエナメル質部分だけ削ります。
  2. ドックスベストセメントを虫歯部分に塗布して塞ぎます。
  3. 約1年後にドックスベストセメントを一部取り除き、虫歯が治癒していたらレジンを詰めて治療が終了です。

ドックスベストセメントは、痛みがなく、治療回数も少なく、神経を残すことができる新しい治療法です。
ドックスベストセメントは、自費診療になります。


料金(自費診療) 1本の処置に対して 約4,000円~

症状によっては、ドックスセメントが出来ない場合もございますので、詳細は医師にご確認ください。

歯に優しいMI治療

歯科用語で「MI=ミニマムインターベンション」という言葉があります。これは、歯の治療において、できるだけ歯を削らない・抜かない治療で歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑え、本当に悪くなったところだけ取り除き修復する治療のことを意味します。
従来は、虫歯の再発を防ぐために、感染していない健康な歯質も削っていました。
また、虫歯が神経の近くまで進行している場合は、神経を取る治療が行われていました。私が歯科医になるために学校で習った治療法もこの方法です。
しかし、実際には神経を失うと歯はもろくなり、それだけ歯の寿命も短くなってしまい、将来ご自分の歯で噛めることができなくなってしまうことにつながることがわかってきました。


患部の状態にもよりますが、初期の虫歯に関しては削るなどの治療をせず、歯の再石灰化療法により進行を阻止し、削る場合は、患部だけを最小限に削ります。


一度歯を削ると、削っては詰めるといった負のサイクルに突入してしまい、歯の神経をとったり、ゆくゆくは歯の抜歯を招いてしまうことになりかねません。


当院では歯へのダメージを最小限にするMI治療で、「歯を削る量をできるだけ少なく、歯を抜かない、神経を取らない、かぶせない、今あるご自身の歯を大切にする」という考え方を第一に治療を行っています。

クリニック概要

ひまわり歯科

[ TEL ] 0561-63-2727 [ FAX ] 0561-63-2727

[ 所在地 ] 〒480-1116 愛知県長久手市杁ケ池1714番地

[ 診療科目 ] 歯科

[ 院長 ] 浅井 成一

診療時間 日・祝
9:30 - 12:30
14:30 - 19:00

土曜日 9:30 - 12:30 / 14:30 - 17:00

[ 休診日 ] 木曜日・日曜日・祝日

[ アクセス ]

・リニモ「杁ヶ池公園駅」より徒歩5分

・名鉄バス「蟹原公園」より徒歩5分

・お車の場合、グリーンロード杁ヶ池交差点南へ300m